カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年2月12日
  • カンボジアニュース

ナガワールド 2016年はわずかな成長に留まる カンボジア[経済]

news_201702121
(c)Khmer Times

 香港上場企業ナガコーポレーションの子会社でプノンペンでカジノを運営しているナガワールドの総ゲーム収益が増加した。クメールタイムズ紙が報じている。

 ナガワールドは2015年の総ゲーム収益は26%上昇して4億8060万ドルに達した。2016年は4%増加で5億80万ドルに留まり、わずかな成長率となっている。

 ナガワールドの親会社ナガコーポレーションのティモシー・マクナリー会長は今後の見通しについて、「プノンペンの初の免税ショッピングモール、ナガシティウォークを開業した。今後は中国、韓国、日本人に対する3年間の複数回入国を可能にするビザの提供による利用者増を期待している。2018年にTSCLKエンターテイメント複合施設の開業も控え、同社は引き続きプラス成長を続けるだろう」と語った。

関連記事
観光
カンボジアとミャンマーが観光客誘致に関する覚書に署名[観光]
(22日)
日系
イオンモールでトラベルフェア 訪日カンボジア人旅行者の増加を期待[日系]
(07日)
観光
カンボジアの観光業 チャイナ・レディ戦略の強化へ[観光]
(06日)
政治
来年より外国俳優のテレビ広告禁止へ  カンボジア[政治]
(03日)
経済
ドナコ 900台のスロットマシンをポイペトへ設置[経済]
(03日)
経済
ナガ2 11月4日までソフトオープン カンボジア[経済]
(01日)
あわせて読みたい
注目
サン&ムーンホテルでハロウィン仮装パーティーが開催!
注目
サン&ムーンのジムで健康に メンバーシップへのスペシャルパッケージ
注目
Early Birdの快適で気持ちいいマッサージのスペシャルプロモーション
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース