カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年2月9日
  • カンボジアニュース

ANZロイヤル銀行も4月より納税サービス開始 カンボジア[経済]

 ANZロイヤル銀行は2月3日、経済財政省と覚書(MOU)を締結し、4月から全ての支店およびオンラインで、現地通貨と米ドルでの納税が可能になると発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 ANZロイヤル銀行のレオニー・レスブリッジCEOは、「革新的なデジタルソリューションにより、顧客の時間節約はもちろん、便利で安全な方法を提供できることを嬉しく思う」と述べ、また「オンラインプラットフォームを使った納税について、顧客の手数料がかからない」と付け加えた。

 これにより、納税サービスを行う銀行はアクレダ銀行、カナディアン銀行、ウイング専門銀行、カンボジアパブリック銀行、ヴァタナック銀行、ANZロイヤル銀行の6行となる。

 経済財政省長官は、「銀行との提携が税収の有効性と効率を高め、納税者にとっても便利な手段となる」と述べ、ウイングのジョジョ・マロロスCEOは、「全国3600店舗以上の代理店により、徴税が困難な僻地の人々でも納税ができるにする」と話した。

 租税総局(GDT)の年次報告書によると、2016年の税収は、前年比14.94%増の約14億9000万ドルで、その総額は、2016年に設定した目標の約105.32%であった。 GDTのコン・ヴィボル総局長は、「利益税が18.4%、所得税が20.0%、付加価値税(VAT)が15.4%、特別税等が23.4%増加した」と話している。

関連記事
経済
韓国の中小企業銀行(IBK) 代表事務所を開設へ[経済]
(24日)
経済
サタパナ銀行 日系マルハン銀行との合併により大幅に利益回復[経済]
(20日)
経済
クレジットカード 2017年のカンボジアでの使用率 65%上昇[経済]
(10日)
経済
カンボジア政府 ベトナムと二重課税の協定を締結[経済]
(05日)
経済
カンボジア農業成長 過去5年間での減速、著しい[経済]
(02日)
経済
カンボジア経済財務省 世銀やIMFと異なり、経済成長を強気に予測[経済]
(01日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース