カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年2月4日
  • カンボジアニュース

シェムリアップ新国際空港 中国企業により今年末建設予定[経済]

news_201702041
(c)Khmer Times

 中国の雲南投資有限公司(YIHL)によって計画されているシェムリアップの新国際空港は、民間航空庁(SSCA)による高度な技術グループの設立に伴い、建設開始に一歩近づいた。クメールタイムズ紙が報じた。

 新空港はシェムリアップ市から約50キロメートル離れたソウト・ニコム(Sout Nikom)地区に建設される予定で、現在の年間訪問客数の2倍の受入れが可能になる。

 このプロジェクトは昨年10月、YIHLと8億8000万ドルで新空港を建設するため、習近平国家主席がカンボジアを訪問した際に合意された。この合意により、YIHLと建設会社、空港管理子会社は、現在フランスのヴァンシグループのカンボジアエアポート社により運営されている国際空港に代わり、55年間の新空港にかかる建設や運営を独占する。

 キム・ブンソン知事は、「今年末か来年初頭に建設が始まる予定だ」と述べ、中国の地方当局者や関係者らは、「新空港からシェムリアップ市への鉄道網整備にも取り組んでおり、新空港の建設には4年~5年かかるだろう」と述べた。

 カンボジアエアポート社の広報責任者は、「政府と新しいシェムリアップ空港建設について話している」と語ったが詳細は述べておらず、「2016年、シェムリアップ空港の利用者数は350万人で、5.5%と飛躍的に成長したが、しかし過去3年間と比較すると減速している」とクメールタイムズ紙に話した。

関連記事
経済
シェムリアップ州 中国主導のもと、複数の古代遺跡改修へ[経済]
(10月23日)
経済
来年に航空会社5社が設立か カンボジア国内線航空会社の競争激化の見込み[経済]
(10月14日)
経済
シェムリアップ・ソットニクム地区に50ヘクタールの新空港建設[経済]
(10月06日)
経済
カンボジア内務省 中国の援助を受けて政府系テレビ局を開設[経済]
(09月28日)
経済
シェムリアップ 来年の総選挙では不動産取引の停滞が懸念される[経済]
(09月20日)
観光
イスラエルとの直行便に向け 覚書締結 カンボジア[観光]
(09月19日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 マダムサチコ・アンコールクッキー リー・ミニア
業界
大事なことは、業界問わず共に市場拡大を目指して都市を盛り上げること[観光・飲食] ノエル・フーラー (2/2)
業界
カンボジアの事を本当に良くしたい。日本語教育の祖が語る[人材]大石安慧 (1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース