カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月29日
  • カンボジアニュース

携帯通信各社 値引き合戦で疲弊の恐れ カンボジア[経済]

news_201701291
(c)Khmer Times

 一部の通信事業者が、カンボジア電気通信規制機関(Telecommunication Regulator of Cambodia=TRC)に提出している料金よりも、低額の料金でサービスを提供している。クメールタイムズ紙が報じている。

 TRCは昨日、セルカードのブランドで知られるカンボジアの大手携帯通信事業者、カムジーエムエス社に対して、現在テレビCMでプロモーション中のサービスについて説明を求めた。

 問題となったセルカードのプロモーションは、「1ドル払えば、セルカードの通信エリア内で100ドル分相当の音声通話とインターネット通信を提供する」というもので、同社がTRCへ事前に提出した基本価格を下回っていることが問題となっている。

 現在カンボジアの携帯通信会社は競合企業に勝つため、ギフト進呈やマネーエクスチェンジプログラム、ボーナスといった形で様々なプロモーションを行っており、実質の値引き合戦が進んでいる。

 TRCは、多くの消費者が最新テクノロジーの携帯通信サービスを享受できることを評価しつつも、行き過ぎた価格競争が事業者の疲弊を招くことに警鐘を鳴らしている。

 昨年9月末段階でのカンボジアの大手通信事業者は、ヴィッテル(メットフォン)、スマートアクシアタ、カムジーエスエム(セルカード)、シンウェイ(クーテル)、サウスイースタンテレコム(シーテル)、CADCOMMSの6社で、携帯契約者数は1930万人、固定電話契約者数は23万5000人、携帯インターネット利用者は700万人、家庭インターネット利用者は9万人となっている。

関連記事
経済
セルカード 中国企業と提携しeSIMサービス開始 カンボジア[経済]
(12月21日)
社会
インターネットユーザー数が増加 カンボジア[社会]
(12月08日)
経済
セルカード 来年から5Gサービスを開始予定 カンボジア[経済]
(10月05日)
経済
スマートアクシアタ社が新たな奨学金プログラムに調印 カンボジア[経済]
(10月03日)
経済
携帯情報サービス 個人ファイナンスの情報を提供[経済]
(10月02日)
経済
スマートアクシアタ 学生に教育資金を融資 カンボジア[経済]
(09月14日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
高品質コンテンツの作成には人材投資が必要[マーケティング・メディア]チー・セラ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース