カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月27日
  • カンボジアニュース

中華正月に多額のお金が動くカンボジア[経済]

news_201701272
(c)Khmer Times

 中華系カンボジア人は、1月27日から始まった中華正月のため装飾品や宗教品の買い物に忙しく、関係店舗は顧客で賑わっている。クメールタイムズ紙が報じた。

 オルセイマーケット近くで旧正月の装飾品を販売している男性は、「人々の所得が向上しているため、旧正月ビジネスは好調だ。各家庭は装飾品などに平均100ドル、民間企業は会社の規模に応じて500ドル前後を費やす」と述べ、別の店舗のオーナーも、「カンボジア人だけでなく、カンボジアに住む中国人もこれらの品物を購入する。 中華正月時期は、一年で最高の売上になり、クメール正月やプチュンバン(お盆)、クリスマスイブと比較しても高い」と話した。

 店内にいた顧客は、「飾り物の購入額は50~60ドル程度だが、飲食物や果物、花は高価だ。今年は約250ドルを費やした。家族の総収入が増えているため儀式の費用も毎年上昇している。」と述べ、「中華正月の支出は、クメール正月やプチュンバンよりも多い」と付け加えた。

関連記事
統計
カンボジアの免税品小売市場の拡大を予測[統計]
(11月20日)
経済
米国小売大手のウォルマート カンボジア製品の購入を強化[経済]
(11月09日)
経済
インド企業 カンボジアへの医療品輸出を強化[経済]
(10月18日)
経済
カンボジア 新車に比べ、依然として輸入中古車が人気[経済]
(10月17日)
経済
米系大手デニムブランドの大型路面店 シェムリアップにオープン[経済]
(10月10日)
経済
シェムリアップ 来年の総選挙では不動産取引の停滞が懸念される[経済]
(09月20日)
あわせて読みたい
注目
ヒマワリホテルからニューイヤーイベントのお知らせ
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース