カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月19日
  • カンボジアニュース

中国のトップ企業、シアヌークビル・カンポット地域への投資を熱望[経済]

news_201701201
(c)7jpz

 中国のトップ企業は、シアヌークビルとカンポットの沿岸地域への投資に熱心で、収益性の高い観光事業の開発に目を向けてる。クメールタイムズ紙が報じた。

 観光省のタオン・コン大臣は中青旅控股有限会社(China CYTS Tours Holding)を含む中国企業5社との会談を行った。この会談で参加した中国企業は、シアヌークビルとカンポットの沿岸地域えの投資の意向を表明している。

 中国企業は、中青旅控股有限会社(China CYTS Tours Holding Co,Ltd)、中国企業報(China Enterprise News Group)、Key Royal Capital、云山資本(Yunshan Capital)、Shu & Cambodia Tianyu Companyの5社。

 クメールタイムズ紙によると、カンボジアの投資環境を分析後、これらの企業は、ホテル、レストラン、ショッピンモール、スポーツクラブなど観光客に提供する投資に熱心であったとしている。

 タオン大臣は、「カンボジアは経済成長の柱の一つとして、観光開発に注力してきた。特に習近平中国国家主席への訪問後、カンボジア政府は中国政府との関係は強固になった。中国の観光客は年々増加しており、よい兆候である」と述べた。

 昨年カンボジアでは、90万人の中国人観光客が訪れ、2020年には、7百万人の外国人客が訪れ、中国本土からは200万人がに訪れる予定である。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース