カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月18日
  • カンボジアニュース

人気タクシー配車サービス「Uber」 カンボジア進出か[経済]

news_201701182
(c)Khmer Times

 アメリカを拠点にサービスを展開しているタクシー配車サービス「Uber(ウーバー)」が、カンボジアでサービス運営の実現可能性を調査する予定だ。クメールタイムズ紙が報じた。

 ウーバー・アジアパシフィック代表によると、アプリを中心としたUberの配車サービスは、目的地へスマートフォンユーザーがより簡単にたどり着けるよう日々テクノロジーをアップデートしているとカンボジアでのビジネスに自信を見せている。

 商業省のパン・ソラサック大臣は、「Eコマース法がまもなく実効し、電子決済がより容易になる。そのことでUberのビジネスをスムーズに運営できるだろう」と話し、同社代表に対して、カンボジアの人口動態を理解しつつ、公共事業運輸省や郵便電気通信省の協力を得るよう助言した。

 カンボジアでは12日に日系企業FIGIX Industryがカンボジア技術者の協力によりタクシー配車アプリ「Itsumo(イツモ)」がローンチされたばかりで、今後同様のサービスで競争激化が予想される。

関連記事
社会
水祭りに備え 可動性のある携帯電話基地局の配備を要請[社会]
(17日)
経済
スマートアクシアタ 主要オンラインメディア・サバイの株式30%を取得[経済]
(11日)
経済
郵政公社のカンボジアポスト 民間部門と提携し電子商取引の会社を設立[経済]
(09日)
経済
東南アジア最大の配車サービスGrab カンボジアに参入か[経済]
(09月27日)
経済
ローカル向けのストリーミングプラットフォームが勢いを見せる[経済]
(09月18日)
社会
カンボジア コンピューターのセキュリティが脆弱な国と指摘[社会]
(09月05日)
あわせて読みたい
特集
世界で最も住みたい ネイチャーシティの実現へ
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース