カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月17日
  • カンボジアニュース

プノンペン・ホーチミン間、高速道路建設計画[経済]

news_201701171
(c)Khmer Times

 カンボジアとベトナムの両国は、プノンペンとホーチミンを結ぶ高速道路建設の実現可能性を調査している。クメールタイムズ紙が報じた。

 1月11日、カンボジア公共事業運輸省スン・チャントール大臣とベトナム運輸省チュオン・クアン・ギア大臣の会合で、プロジェクトについて議論された。

 高速道路は、プノンペンからバベットを超えて、ホーチミンにつながる予定。スン大臣は、「両国の協力関係を深め、より多くの国境を開くことで、年間で50億ドルの交易を生み、また両国を訪れる旅行者の数も増えるだろう」と語り、一方でクアン・ギア大臣は、カンボジアのインフラ開発と、利便性向上を支援するという強い意向を示した。

 公共事業運輸省のマスタープランによると、2020年までに90億ドル費やし、850キロメートルの高速道路の建設をし、2040年までに260億ドルを費やし、2230km建設する計画である。

関連記事
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース