カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月11日
  • カンボジアニュース

カンボジア―ラオス間のトラピアンクリル国境が開通[経済]

 カンボジア外務国際協力省は貿易及び観光促進のため、ラオス国境のトラピアンクリルのゲートを、1月10日に正式に開けることを発表し、フン・セン首相とトンルン・シースリット首相による式典開催を明らかにした。クメールタイムズ紙が報じた。

 この国境はカンボジアのストゥントレン州とラオスのチャンパサック県を結ぶという。

 ラオスのルアンパバーンにある旅行会社、ヴィエンチャンツアーの執行役員は、「国境の開通は、観光だけでなく両国間の貿易を促進する。しかし、懸案される道路の脆弱性や高価なビザは両国が改善しなければならない」と述べ、また、「両国間の商取引は小さいが、拡大の余地が十分にある」と話す。

 2008年からラオスに投資してきたアクレダ銀行のイン・チャンニーCEOも、「投資や貿易、観光を促進する上で大きな役割を果たす」とこの開通を歓迎しており、「同社はラオス全土で支店を拡張しており、まもなくラオスで電子バンキングシステムを立ち上げる。カンボジアとラオス間の金融取引が容易になり、両国の人々は同じサービスを利用することができる」と述べている。

 ラオスからカンボジアへの旅行客数は2016年1月~11月で、前年同期の約35万人から10%以上減少して約31万人となったが、国別リストでは5位に位置している。

関連記事
経済
アクレダ銀行 ロゴ変更後カードの発行をスタート[経済]
(23日)
経済
コメ産業の競争力を高めるため国際金融公社とパートナーシップ[経済]
(23日)
経済
上海企業 カンボジア初のメガウォータープラント建設へ[経済]
(22日)
労働
カンボジアの農業労働力 1993年より半減 近隣諸国も[労働]
(20日)
政治
カンボジア人民党 選挙公約で数百万ドルの損失を被る[政治]
(17日)
経済
経済学者 野党「ドル脱却」について異論[経済]
(15日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
カンボジア経済データ(2016/7/29更新)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース

人気記事ランキング