カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月11日
  • カンボジアニュース

カンボジア―ラオス間のトラピアンクリル国境が開通[経済]

 カンボジア外務国際協力省は貿易及び観光促進のため、ラオス国境のトラピアンクリルのゲートを、1月10日に正式に開けることを発表し、フン・セン首相とトンルン・シースリット首相による式典開催を明らかにした。クメールタイムズ紙が報じた。

 この国境はカンボジアのストゥントレン州とラオスのチャンパサック県を結ぶという。

 ラオスのルアンパバーンにある旅行会社、ヴィエンチャンツアーの執行役員は、「国境の開通は、観光だけでなく両国間の貿易を促進する。しかし、懸案される道路の脆弱性や高価なビザは両国が改善しなければならない」と述べ、また、「両国間の商取引は小さいが、拡大の余地が十分にある」と話す。

 2008年からラオスに投資してきたアクレダ銀行のイン・チャンニーCEOも、「投資や貿易、観光を促進する上で大きな役割を果たす」とこの開通を歓迎しており、「同社はラオス全土で支店を拡張しており、まもなくラオスで電子バンキングシステムを立ち上げる。カンボジアとラオス間の金融取引が容易になり、両国の人々は同じサービスを利用することができる」と述べている。

 ラオスからカンボジアへの旅行客数は2016年1月~11月で、前年同期の約35万人から10%以上減少して約31万人となったが、国別リストでは5位に位置している。

関連記事
観光
シェムリアップ-重慶間の直行便 さらに多くの中国人観光客が集まる[観光]
(21日)
社会
スーパーマーケットのビニール袋 有料化を検討[社会]
(20日)
経済
来年に航空会社5社が設立か カンボジア国内線航空会社の競争激化の見込み[経済]
(14日)
社会
カンボジア農村 300万ドルの水と衛生プロジェクトを発表[社会]
(14日)
社会
カンボジアとタイの国境・ポイペトのチェックポイント 改装へ[社会]
(11日)
経済
アジア開発銀行 カンボジアの経済モデルを再考する必要がある[経済]
(07日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの金融革新のリーダーであり続けます [金融・保険] ジョジョ・マロロス
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース