カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月9日
  • カンボジアニュース

プノンペンで飽和状態・競争激化の固定インターネットサービス 地方に活路[経済]

news_201701092
(c)Phnom Penh Post

 カンボジアで最も新しいインターネット・サービス・プロバイダーのトゥデイズコミュニケーションは、携帯インターネット利用者が大半の地方でのISP事業を展開し、飽和状態にあると言われているISP市場を牽引する存在になるかもしれない。プノンペンポスト紙は報じた。

 同社ゼネラルマネージャーによると、「今後、地方の世帯数の増加やビジネス展開の拡大を背景に、安定した高速インターネットサービスの需要が高まると予測している。ビジネス用途以外にも、一般家庭向けのサービスも展開する」と語る。

 5日、カンダール州のタクマオ市でISPサービスを開始し、来月シェムリアップ州では光ファイバー網を拡大し、近日中にシアヌークビル、ポイペト、コッポンチャムでもISP事業をスタートする予定だ。

 郵便電気通信省の統計によると、2016年6月の段階で、カンボジア国内の携帯インターネット利用者は700万人以上いるのに対し、固定インターネット利用者は8万2926件にとどまっている。また、プノンペンでのISP市場はすでに飽和状態にあり、各社の価格競争が激化し、低価格化に歯止めがかからない状況だ。

 そういった中で同社は、現在携帯インターネット利用が大半を占める地方での活路を見出し、今後の市場を牽引する可能があると同紙は報じている。

関連記事
経済
シェムリアップ州 観光客の増加が土地の価格上昇に影響[経済]
(17日)
社会
クメール・ルージュの歴史を学ぶアプリ さらなる展開を目指す[社会]
(07月27日)
日系
シェムリアップ州 日本の支援でパブストリートに防犯カメラ設置へ[日系]
(07月25日)
経済
カンボジア初のガソリンセルフサービス 3つの州に設置[経済]
(07月22日)
経済
カンダール州のSEZ ドライポートと保税蔵置場が設置予定[経済]
(07月10日)
経済
インドシナ地域の大手広告代理店 カンボジアでブランドを立ち上げ[経済]
(07月04日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
通信業界の流れはダイバーシティ[通信・IT] イヴ・シェフェール (3/3)
業界
通信業界の流れはダイバーシティ[通信・IT] イヴ・シェフェール (2/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース