カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月7日
  • カンボジアニュース

カモフラージュ通信塔設置 アンコールワット広域で通信が可能に[経済]

news_201701071
(c)Phnom Penh Post

 アンコールワット遺跡群を訪れる旅行者の通信利便性を高めるため、見た目が「木」のようにカモフラージュされた通信塔が遺跡周辺に設置され、その試験運用が始まった。プノンペンポスト紙が報じた。

 アンコール遺跡群の保全・管理を行うアプサラ機構は、以前から旅行者や地元住民から携帯接続の悪さの苦情を受ける一方で、景観・環境への配慮もあり長年通信アンテナを設置することができなかったが、昨年3月この「景観・環境を損ねない」通信塔の設置を決めた。

 通信塔を設置したのは地元電気通信会社カムタワーリンクコミュニケーションで、この通信塔を各通信事業者で共有し、各社から使用料を受け取ることで運営を行う。

 スマートアクシアタはすでにサービスを開始しており、セルカードも近日サービスを開始する予定。メットフォンやシーテルとも交渉を進めており、来月には正式な運用を開始する見込みだ。

 同社広報担当者は、「観光客が多く、通信環境が十分でなかった場所にこの通信塔を設置することで、景観や環境を損ねることなく旅行者に良い通信環境を与えることができる」と話している。

 同社は今後この「カモフラージュ」通信塔をアンコール遺跡群に18台追加設置する予定だ。

関連記事
社会
下水道プロジェクトが進行中 カンボジア[社会]
(10日)
社会
インターネットユーザー数が増加 カンボジア[社会]
(08日)
経済
電力のアクセスを強化する新たな融資 カンボジア[経済]
(01日)
経済
水祭り参加者 昨年と比べ50パーセント増加 カンボジア[経済]
(11月26日)
経済
水祭り期間 シアヌークビルは観光客伸び悩みか カンボジア[経済]
(11月21日)
観光
観光客が約12%増加 カンボジア[観光]
(11月15日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
直行便は、時間の節約が大事な日本人投資家やビジネスマンの方々にとって有益
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース