カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月5日
  • カンボジアニュース

カンボジア最大級の建材供給センター プノンペン自治港内に建設[経済]

news_201701052
(c)Khmer Times

 中国企業Yunnan Sengmao Investmentは、12月30日、プノンペン自治港(PPAP)と土地賃貸借契約を締結し、約6000万ドルを費やして建設資材供給センターを建設すると発表した。センターは、ルッセイケオ区9.3ヘクタールの土地に建設予定で、国内の建設需要増加を支援するため、世界中から輸入された建設資材を供給する。

 同社は建材供給ビジネスに精通しており、中国では2000ブース以上を持つセンターを運営し、カンボジアでは約500〜700のブースで多種多様な輸入建材を販売する。

 PPAPのヘイ・バビー会長は、「国内の建設業は活況を呈しており、過去10年間で堅調な成長を遂げてきた。このセンターは、有名で高品質の建設製品を求めている顧客にとって最適な場所だろう。2016年末に同社と40年(2016~2056年)の長期土地賃貸借契約を締結した」とクメールタイムズ紙に語った。

 また、「プロジェクトが開始すれば、賃料に加えて、少なくとも毎年2万TEU(twenty-foot equivalent unit、20フィートコンテナ。コンテナ船の積載能力を示す単位)以上の輸送量になると期待している。これは我々にとっても新しいビジネスであり、多くの投資家を引き付けるだろう」と付け加えた。

 12月現在、PPAPは貨物輸送量が3.58%増の15万TEUに達し、トン数は8.41%増の243万4200トンに、収益は約1700万ドルで7.78%増加した。また土地管理・都市計画・建設省によると、建設業の総投資額は、2016年1~11月で、約178%増の約82億ドルだった。

関連記事
観光
プレシアヌーク州に新たなビーチ建設へ カンボジア [観光]
(25日)
経済
AMKマイクロファイナンスが中国の銀行に80%の株式を売却  カンボジア[経済]
(08月31日)
経済
中国企業代表団 カンボジア政府高官と投資について意見交換[経済]
(08月28日)
社会
障害者の交通安全を向上させるプロジェクトを発表 カンボジア[社会]
(08月27日)
経済
プノンペン自治港とシアヌークビル自治港が顕著な成長[経済]
(08月18日)
未分類
プノンペン自治港の巨大商業施設計画  中国企業が開発[経済]
(07月26日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース