カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月4日
  • カンボジアニュース

ASEAN経済共同体発足1年 カンボジア国内での影響は[経済]

news_201701042
(c)Khmer Times

 ASEAN経済共同体(AEC)発足後、6億人以上のマーケットが開かれたがその影響は現在のところほとんど見られない。クメールタイムズ紙が報じた。

 AEC発足後、関税分類目のうちASEAN-6間で99.20%、カンボジア・ラオス・ミャンマー・ヴェトナム(CLMV)間で90.85%の商品に対する輸入税が撤廃され、またASEAN間加盟10ヵ国で95.99%の関税廃止、CLMV各国でも2018年までに順次輸入税を撤廃していくという誓約がなされていた。

 記事では、当初AEC発足による影響を懸念していたカンボジア国内のワインメーカーや精米事業者への1年経っての影響を取材しているが、現在のところ、ともに1年経過した今でもこれまでと大きな変化を見いだせず、共同体成立時にメディアや政府が報じていた「ASEAN加盟国内での無税・無枠」がビジネス上でもたらす影響やメリットを依然として理解できていないという。

 また、ビジネス上での影響や利点に加え、国内事業者に対する輸出入・海外展開方法などを教育するセミナーやサポートが必要とする声も上がっている。

 商業省パン・ソラソック大臣は、「海外から高品質な輸入品が入ってくることで、国内の生産者に生産能力や商品品質の向上意欲に刺激を与え、国内の生産者が競争力を高めるのに良い影響になるだろう」と話している。

関連記事
経済
EIFプログラム カンボジアの経済成長に大きく寄与[経済]
(16日)
経済
カンボジア-タイ間の鉄道 年末にも合意か[経済]
(10日)
経済
アジア開発銀行 カンボジアの経済モデルを再考する必要がある[経済]
(07日)
経済
プレミアムガソリン 小売価格の上限を廃止[経済]
(09月29日)
経済
米国との外交論争は続くも 貿易には影響はないと政府は主張[経済]
(09月17日)
経済
カナダ・ASEAN諸国間の自由貿易協定 FS調査開始[経済]
(09月16日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース