カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月3日
  • カンボジアニュース

米国産チップス サルモネラ菌の汚染によりリコールを発表 カンボジア政府[経済]

news_201701032
(c)Khmer Times

 米食品医薬品局(Food and Drug Administration=FDA)が、米企業が生産したポテトチップに、サルモネラ菌による汚染の可能性を公表し、カンボジア政府はリコールを発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 カムコントロール(Cambodia Import Export Inspection and Fraud Repression Department)は、米国中西部のポテトチップスや軽食を生産する大手食品会社オールドダッチフード社の食品の購入を避けるように呼びかけた。

 サルモネラ菌は、免疫力がない幼い子供や高齢者に、重度の症状を引き起こす可能性がある。「厳しい品質基準の遵守し、FDAのガイドラインに沿って、自社製品の回収を速やかに行っている」と同社は声明で述べた。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース