カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年12月25日
  • カンボジアニュース

1日1億ドルの収入を失うローミング料金撤廃 アクシアタグループも参戦[経済]

news_201612252
(c)Phnom Penh Post

 カンボジアの通信会社、スマートアクシアタの親会社であるアクシアタグループは、昨日アジアの9ヶ国、2億7500万人の利用者に対し、グループの通信事業者ネットワーク内の国際ローミング料金の引き下げを検討している。プノンペンポスト紙が報じた。

 「少なくとも同グループ事業者のネットワーク内で、携帯ローミングの料金引き下げは実現可能だ」と同社のスポークスマンは話した。

 アクシアタからの発表は、先週のヴィッテルによる「1月1日からベトナム・カンボジア・ラオス間の国際ローミング料金の撤廃」の発表に続いたもの。

 アクシアタ社のスポークスマンは、「同通信事業者のネットワークの中で、国際電話やデータ通信に対してローカルの料金を適用するのは挑戦的なことだが、これまでローミングの割引を受けられなかった利用者の興味を引くことができるだろう」と話している。

 また10ヶ国、1億人の利用者を持つヴィッテルはローミング料金撤廃により1日1億ドルの収入を失うことになるが、専門家は「利用者の旅行先での音声通話やデータ通信を勧める」ことで相殺できるだろうと話している。

関連記事
社会
インターネットユーザー数が増加 カンボジア[社会]
(12月08日)
経済
スマートアクシアタ社が新たな奨学金プログラムに調印 カンボジア[経済]
(10月03日)
経済
スマートアクシアタ 学生に教育資金を融資 カンボジア[経済]
(09月14日)
経済
スマートアクシアタとインパクトハブが共同で起業プログラムを開始[経済]
(08月22日)
経済
フードデリバリーのニャム24 スマートアクシアタの傘下へ[経済]
(08月09日)
経済
カンボジア通信大手2社がモバイルインフラを強化[経済]
(07月24日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
高品質コンテンツの作成には人材投資が必要[マーケティング・メディア]チー・セラ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース