カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年12月21日
  • カンボジアニュース

CLV(カンボジア・ラオス・ベトナム)諸国間の携帯ローミング料金 撤廃へ[経済]

 CLV諸国 (カンボジア、ラオス、ベトナム)の携帯電話ユーザーは、ベトナムの軍が所有するヴィッテル(Viettel)のネットワークを介して通話を行う場合、ローミング料金が不要になるという。

 12月15日、ヴィッテルは、「ヴィッテルの加入者はヴィッテルの子会社であるカンボジアのメットフォンと、ラオスのユニテルとの間で通話する場合、国内通話と同じ価格で電話をかけることができる」と発表した。

 シェムリアップでフン・セン首相が主催した直近のCLV首脳会議では、3カ国の指導者とも、各国のローミング料金を撤廃することに合意しており、これによりヴィッテルは、ローミング料金を取り外す世界初のモバイルサービスプロバイダとなる。

 ヴィッテルは、ラオス、カンボジア以外に、東ティモール、カメルーン、ハイチ、モザンビーク、ブルンジ、ペルー、タンザニアでも営業している。

関連記事
社会
インターネットユーザー数が増加 カンボジア[社会]
(08日)
経済
カンボジア通信大手2社がモバイルインフラを強化[経済]
(07月24日)
社会
公共バス内に無料Wi-Fi設置へ プノンペン[社会]
(07月20日)
経済
カンダール州にカンボジア最大のデータセンターを建設[経済]
(06月26日)
経済
イージーコム タイ大手ISPと海底ケーブルの利用で提携 カンボジア[経済]
(06月13日)
経済
カンボジア郵政公社 電子決済・送金アプリを開始[経済]
(06月12日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
通信業界の流れはダイバーシティ[通信・IT] イヴ・シェフェール (3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース