カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年12月14日
  • カンボジアニュース

EUへのコメ輸出について 新しい原産地証明が必要に[経済]

 来年1月1日より、欧州連合(EU)にコメを輸出する際、生産者と輸出業者は新しい原産地証明書を使用する必要があると、商業省の通知により明らかになった。クメールタイムズ紙が報じた。

 EUは、カンボジアにとって主要な市場の一つで、武器を除く全ての製品が無関税で輸出することができることになっている。農林水産省のデータによると、カンボジアからのコメの輸出は、今年の最初の10ヶ月で、40万8000トンから42万1000トンに、前年同期比3.3%上昇した。

 コメの輸出業者、アムルライス・カンボジアの社長は、「我々の70~80%がEUへの輸出で、今年はこれまでに約4万トンを輸出している。EUはカンボジアの主要市場で、EUから要求があれば、それに従う必要がある」と述べ、同業のブリコ社のCEOは、「我々の主な市場は欧州と米国であり、今年は国際市場へ約6000トンを輸出した。我々は、ジャスミン米と香り米を生産しており、ASEANではマレーシアを除き、白米を消費するため、ASEAN市場には魅力を感じない」と話した。

関連記事
経済
カンボジア 対中国のコメ輸出量、第1四半期59%増加 [経済]
(04月15日)
経済
2018年のコメ総収穫量は750万トン 対前年3.5%増 カンボジア[経済]
(02月06日)
経済
コメの輸出量が13%減少 カンボジア[経済]
(12月22日)
経済
EU カンボジア漁業に9800万ドル支援[経済]
(12月17日)
経済
カンボジア産のパームシュガーがEU市場で地理的表示される[経済]
(12月11日)
経済
カンボジアで展開の欧州企業 EBA協定廃止に懸念表明[経済]
(12月07日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース