カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年12月10日
  • カンボジアニュース

カンボジア―タイ間の鉄道 予定通り今年末に ―スン・チャントール運輸大臣[経済]

news_201612102
(c)Khmer Times

 公共事業運輸省スン・チャントール大臣は、「カンボジアとタイを結ぶ鉄道建設は、予定通り2016年末までに行われる」と今週述べたが、関係者によると、一部はまだ修復されていないという。

 同大臣は、「二国間を繋ぐ契約は、2015年後半、フン・セン首相とタイのプラユット・チャンオチャ首相によって結ばれ、貿易や旅行の後押しを目指していた。しかし、バンテイメンチェイ州のシソポンからバッタンバン、バッタンバン州からプノンペンの線路改修費用は高価で、推定1700万ドルは必要とされており、まだ復元が終わっていない」と述べ、「今年、経済財務省は、北部の鉄道修復に2000万ドルを割り当てたが、予算は十分ではなく、残りの線路修復は一歩一歩進める必要がある」と付け加えた。

 タイ国境のポイペトとシソポン間の鉄道は、最終的にはASEANすべてを結ぶシンガポール―中国昆明間のレールリンク東回廊の一部であり、カンボジアとタイは、2020年までに150億ドルの二国間貿易が期待されている。

 スン大臣は、「すでに動いているプノンペン―シアヌークビル間のレールリンクは物流効率を上昇させている」と話し、国家最高経済評議会メイ・カリヤン上級顧問は、「レールリンクにより輸送コストが安くなるため、タイからカンボジアへの投資家の誘致に期待できる」と述べた。

関連記事
日系
シアヌークビル自治港 日本からの融資により拡張工事へ[日系]
(23日)
経済
カンボジアからタイへの医療観光 長期の医療ビザが可能に[経済]
(15日)
社会
空港につながる鉄道建設 住民の抗議を受け停止を発表[社会]
(14日)
経済
タイ輸出入銀行 進出するタイ企業の支援のためカンボジアに事務所開設[経済]
(13日)
日系
プノンペンのスカイトレイン建設に向けFS調査を実施[日系]
(11日)
経済
タイの自動販売機メーカー カンボジアへ進出[経済]
(08日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
想像以上にカンボジア市場の可能性、面白さ、やりがいを感じた[飲食]小池聡
業界
2、3年住む方には、ぜひ我々の引越しサービスをご利用頂きたい[運輸・物流]ポール・グルー (4/4)
業界
良い病院や学校ができたことで家族での移住が進んでいる[運輸・物流]ポール・グルー (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース