カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年11月21日
  • カンボジアニュース

アパートメント市場の変化に伴い、ホテルへのリモデルが相次ぐ[経済]

news_201611211
(c)Phnom Penh Post

 プノンペンの投資家や不動産所有者は、住宅市場における需要の緩やかな低下と過剰供給を受け、既存のアパートメントをホテルへとリモデルし始めている。プノンペンポスト紙が報じた。

 カンボジアホテル協会の会長によると、最近の過剰供給と需要低下の影響で、トンレバサック地区やボンケンコン地区にはアパートメントからリモデルされたホテルが多い。しかし、転向後の利益は確実ではないという。

 同氏は、「互いのビジネスモデルをコピーすることは危険だ。今後カンボジアへの観光客数が増えるにしても、成功はしないだろう。プノンペンには現在約400軒、シェムリアップには約500軒のホテルがある」と述べた。

 ラッキーリアルティのディット・チャンナ社長によれば、コンドミニアムを「コンドテル(Condotel)」へと改装しようとする一部の投資家もいるという。

 同氏は、コンドミニアムのホテルへの改装にについて、「多機能な複合施設への変更は、開発プロジェクトの成功につながる。モダンな家電などを揃えるならば改装すら不要だ」と述べる一方、「モダンでない古いアパートメントは顧客を引き付けることは難しい」と述べた。

関連記事
経済
今後の不動産部門の信用に懸念 カンボジア[経済]
(13日)
経済
日本をテーマに周年記念イベントを開催 ヒマワリホテル[経済]
(01日)
経済
住宅建築 需要沸騰 カンボジア[経済]
(09月29日)
観光
今後10年間で10万部屋を必要に 需要の増加に対応 カンボジア[観光]
(09月06日)
経済
ワードブリッジが国連機関とパートナーシップを提携 カンボジア[経済]
(08月21日)
未分類
プノンペン自治港の巨大商業施設計画  中国企業が開発[経済]
(07月26日)
あわせて読みたい
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース