カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年11月21日
  • カンボジアニュース

アパートメント市場の変化に伴い、ホテルへのリモデルが相次ぐ[経済]

news_201611211
(c)Phnom Penh Post

 プノンペンの投資家や不動産所有者は、住宅市場における需要の緩やかな低下と過剰供給を受け、既存のアパートメントをホテルへとリモデルし始めている。プノンペンポスト紙が報じた。

 カンボジアホテル協会の会長によると、最近の過剰供給と需要低下の影響で、トンレバサック地区やボンケンコン地区にはアパートメントからリモデルされたホテルが多い。しかし、転向後の利益は確実ではないという。

 同氏は、「互いのビジネスモデルをコピーすることは危険だ。今後カンボジアへの観光客数が増えるにしても、成功はしないだろう。プノンペンには現在約400軒、シェムリアップには約500軒のホテルがある」と述べた。

 ラッキーリアルティのディット・チャンナ社長によれば、コンドミニアムを「コンドテル(Condotel)」へと改装しようとする一部の投資家もいるという。

 同氏は、コンドミニアムのホテルへの改装にについて、「多機能な複合施設への変更は、開発プロジェクトの成功につながる。モダンな家電などを揃えるならば改装すら不要だ」と述べる一方、「モダンでない古いアパートメントは顧客を引き付けることは難しい」と述べた。

関連記事
観光
中国人観光客の増加に高級ホテルは繁盛するも欧米人の人気飲食店は苦戦[観光]
(07日)
経済
ボレイやインフラ開発により人気が上昇 チョロイチャンバー区[経済]
(12月12日)
経済
アコーホテルズ 新たにカンボジア国内に3つのホテルを開業予定[経済]
(11月30日)
経済
レンタルオフィス世界最大手リージャス プノンペンに2つ目の拠点を設置[経済]
(11月24日)
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(11月14日)
経済
人気が高まるトゥールコークエリア 第2のボンケンコンになるか[経済]
(11月13日)
あわせて読みたい
注目
サン&ムーンホテル ジム会員で素敵な特典ゲット
注目
サン&ムーンホテルから新年カウントダウンパーティーのお知らせ
注目
クリスマスキャンディー プールサイドパーティーのお知らせ
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
注目
SUN & MOON, Urbanホテル 2周年記念パーティーのお知らせ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース