カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年11月17日
  • カンボジアニュース

米国大統領選挙後、カンボジアの自国通貨はリエル高[経済]

news_201611173
(c)Phnom Penh Post

 米国大統領選挙前夜の11月7日、為替レートは1ドル4082リエルであった。11日時点ではリエルに対してドルが2.2%値下がりで1ドル3992リエルであった。プノンペンポスト紙が報じた。

 アクレダ銀行イン・チャンニーCEOは、「この結果は、米国大統領選挙の結果と関連していると思うが、カンボジアのリエルは安定している。リエルはドルよりも安全な投資だと思うし、それは国内金融機関の姿勢にも反映されている」と述べた。

 ある経済専門家は、「十分なデータがないため確かなことは言えないが、リエルの値上がりは外部要因と内部要因がある。外部要因としてトランプ氏の勝利によって米ドルが値下がりしたこと。内部要因としてカンボジアの農業セクターが収穫期であること。農村地域では農業製品を購入するためのリエルが必要とされているためだ。地方では、ドルではなくリエルで経済が動いている」と述べた。

関連記事
政治
フン・セン首相 トランプ大統領に内政干渉を抗議[政治]
(15日)
経済
越境取引において リエルの使用を促進[経済]
(10月27日)
経済
リエルでの貸出金利 ドル建てと同等レベルに[経済]
(10月19日)
経済
ローンポートフォリオの最低10%をリエル建てに 金融機関にとって挑戦[経済]
(10月07日)
経済
元・リエルの為替レート 正式に開始[経済]
(09月19日)
経済
政治的混乱が起こるカンボジア 現地企業は懸念を示さず[経済]
(09月06日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの金融革新のリーダーであり続けます [金融・保険] ジョジョ・マロロス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
業界
常に革新的な商品とサービスを提供し続ける [金融・保険] パン・イン・トン
業界
カンボジアの銀行はより強く、より信頼度が高くなる[金融]ソー・フォナリー
業界
私たちはサービスを提供する「パートナー」でなくてはならない[金融]レオニー・レスブリッジ (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース