カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年11月6日
  • カンボジアニュース

ポイペト国境部に新しく税関・入稿審査ターミナルを設置[経済]

 カンボジアのバンテイメンチェイ州にあるタイとの国境・ポイペトに、新しく税関・入国審査ターミナルが設置されると、観光大臣が先週水曜日に明らかにした。今年末完成予定の両国間を接続する鉄道により、観光客が増加するとの見込み。クメールタイムズ紙が報じた。

 タオン・コン観光大臣のフェイスブック投稿によれば、ターミナルは来年始めにも完成予定で、既に関係省庁等によって承認済みだ。鉄道は全長約6.5キロメートルで、アジア開発銀行の支援による。

 在カンボジアタイ大使館によれば、2015年ではタイからの製品の約70%が、ポイペト国境部からカンボジアへ輸入されている。

関連記事
観光
中国に観光開発の基本計画策定に向け支援を依頼 カンボジア観光大臣[観光]
(20日)
観光
直行便 日本人観光客増加を後押し[観光]
(18日)
観光
シアヌークビルと成都が姉妹都市提携[観光]
(14日)
観光
フン・セン首相 エコツーリズムの開発に向けたタスクフォースを設立[観光]
(09日)
観光
カンボジアの観光業 チャイナ・レディ戦略の強化へ[観光]
(06日)
経済
ドナコ 900台のスロットマシンをポイペトへ設置[経済]
(03日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
業界
カンボジアの税関の汚職について、不正を無くすには、不正に応じないこと[運輸・物流]クルーチ・ソピアックトラ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース