カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年11月6日
  • カンボジアニュース

ポイペト国境部に新しく税関・入稿審査ターミナルを設置[経済]

 カンボジアのバンテイメンチェイ州にあるタイとの国境・ポイペトに、新しく税関・入国審査ターミナルが設置されると、観光大臣が先週水曜日に明らかにした。今年末完成予定の両国間を接続する鉄道により、観光客が増加するとの見込み。クメールタイムズ紙が報じた。

 タオン・コン観光大臣のフェイスブック投稿によれば、ターミナルは来年始めにも完成予定で、既に関係省庁等によって承認済みだ。鉄道は全長約6.5キロメートルで、アジア開発銀行の支援による。

 在カンボジアタイ大使館によれば、2015年ではタイからの製品の約70%が、ポイペト国境部からカンボジアへ輸入されている。

関連記事
観光
観光学部の大学生に学資ローンを検討 カンボジア観光省[観光]
(17日)
観光
ASEAN加盟国による観光プロフェッショナル向け相互承認に関する会議開催 カンボジア[観光]
(15日)
経済
タイのコメ製品のパッケージにアンコールワット寺院を無許可で使用[経済]
(14日)
社会
タイ国境沿いに新しい道路建設計画を中国に提案 カンボジア[社会]
(13日)
社会
空港とプノンペン都内を結ぶ旅客輸送システム 実現可能性調査へ[社会]
(07日)
社会
バッタンバン・ポーサット間の鉄道サービス復旧 カンボジア[社会]
(05月31日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
業界
カンボジアの税関の汚職について、不正を無くすには、不正に応じないこと[運輸・物流]クルーチ・ソピアックトラ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース