カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年11月6日
  • カンボジアニュース

カンボジアの不動産開発の未来を彩るバーチャルリアリティー[経済]

news_201611062
(c)Phnom Penh Post

 VR(バーチャルリアリティー)のヘッドセットをつけることにより、開発中の不動産プロジェクトを、ショールームを訪れなくとも見学の体験ができるようになった。プノンペンポスト紙が報じた。

 ソフトウェア会社のラストマイルワークス株式会社ではデベロッパー向けのVRに特化し、デザイナーやプログラマー、建築家が共同で開発に取り組んでいる。

 同社CEOの小林氏は、「不動産販売の概念を変えたい。 バーチャルショールームは、カンボジアでは極めて新しい。 しかし、実際のショールームよりもコストが抑えられるとして、日本ではとても人気が出ている。また、バーチャルショールームであれば、昼と夜間でどう違って見えるのか比べられたり、インテリアの色まで変えることができるため、実際のショールームよりさらに詳しく知ることができる」と語っている。

関連記事
経済
プノンペンのオフィススペース 供給と占有率の増加と[経済]
(19日)
経済
超高層ビル建設計画 再び浮上プノンペン[経済]
(05日)
経済
カンボジア・タイ間鉄道開通目前 国境の町ポイペトが発展[経済]
(05日)
経済
プノンペン 投資家トンレバサック地区に注目[経済]
(01月28日)
経済
カンボジア不動産ポータルサイト 180万ドルの資金調達[経済]
(01月23日)
経済
ボレイやインフラ開発により人気が上昇 チョロイチャンバー区[経済]
(12月12日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース