カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年11月4日
  • カンボジアニュース

バンカシュアランスサービス、カンボジア保険業界の成長を牽引する可能性[経済]

 銀行を窓口として保険商品を販売するバンカシュアランスサービスが、カンボジアの保険産業を大きく成長させる可能性があると、マニュライフ生命保険のロバート・エリオットCEOが語った。プノンペンポスト紙が報じた。

 エリオット氏は2日、プノンペンで開催されたパネルディスカッションで、「カンボジアの高いGDP成長率と中間所得層の増加により、人々は長期的視野で物事を考え始めた。バンカシュアランスは保険業者にとっては新しい顧客基盤であり、銀行利用者にとっては保険商品の購入がより容易になる」と述べた。

 同氏によれば、カンボジアでのバンカシュアランスは、他国で行われている一般的なスタイルとは異なり、銀行が顧客を保険業者へ紹介し、手数料を取るモデルだという。

 フォルテ保険の責任者は、「例えば住宅関係の保険オプションが住宅ローンとひとまとめになっているなど、他国では一般的に、保険商品が銀行のサービスと共に一括販売(バンドル)されている」と説明する。

 アクレダ銀行のシニア・バイスプレジデントによれば、「バンドルでの販売はまだ許可が下りておらず、銀行ができることは顧客への保険商品の紹介に留まっている」という。

関連記事
経済
輸出・観光・農業の力で成長するカンボジア経済[経済]
(15日)
経済
格付機関ムーディーズはカンボジア経済をB2に維持[経済]
(05日)
経済
大手マイクロファイナンス機関アムレット AIAと提携し、生命保険を提供[経済]
(04月29日)
経済
世界銀行 今年のカンボジアの経済成長率を6.9%と予測[経済]
(04月18日)
経済
カンボジア経済財務省 世銀やIMFと異なり、経済成長を強気に予測[経済]
(04月01日)
経済
カンボジアの生命保険 2017年の保険料額が前年比60%増に[経済]
(03月31日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
業界
カンボジアの金融革新のリーダーであり続けます [金融・保険] ジョジョ・マロロス
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース