カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年11月3日
  • カンボジアニュース

カンボジア租税総局が税金管理のアプリを来年ローンチ予定[経済]

 企業の税金支払いの透明性を高めるため、史上初のスマートフォンによる税金管理アプリが、2017年初めにローンチされる。クメールタイムズ紙が報じた。

 アプリは租税総局(GDT)によって開発され、個人が領収書や請求書の写真を撮るとGDTのデータベースにアップロードされ、企業の税金が計算できる。

 GDTのコン・ヴィボル総局長によると、「このアプリはほぼ完成しており、AndroidとiOSのシステムで利用可能になる。GDTは企業コードによって企業を分類し、企業がもし間違って税金を申告した場合、データベース上の領収書や請求書の数と照会するため、税務申告にコミットできる。また、付加価値税(VAT)の支払いも管理が可能だ」と述べた。

 GDTは、アプリを使用するとインセンティブとして、車、薄型テレビやスマートフォンなどの賞品を提供する予定。

関連記事
経済
VATの税収 1~9月期の税収増加に貢献 カンボジア[経済]
(10月13日)
社会
カンボジア政府 メディアに続きNGO組織に対しても納税を要求[社会]
(08月16日)
経済
カンボジア―タイ 二重課税協定にスピードアップ[経済]
(07月23日)
経済
カンボジア縫製業界 次回の官民会議で税務問題を提起[経済]
(07月10日)
経済
金融機関への付加価値税の適用 遅らせる方針 租税総局[経済]
(07月10日)
経済
国際貿易における税金・関税のため 単一窓口サービスを開始[経済]
(06月21日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
注目
21日水曜日、欧州商工会議所がタックス・フォーラムを開催
業界
税制に関する知識を備え、想定することが大切 [法務・税務・会計] 菊島陽子
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース