カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年10月29日
  • カンボジアニュース

カンボジア・プレアシアヌーク州の不動産業界が好況[経済]

news_201610291 (1)
(c)Khmer Times

 プレアシアヌーク州の不動産業界は、新プロジェクトの開発、観光の成長、および中国の広東省との姉妹提携プログラムのおかげで活況を呈している。

 10月中旬、パン・ソサック商業大臣は、「シアヌークビルは、一路一帯の経済回廊において、中国とカンボジアを繋ぐ戦略的な場所であり、中国の職業教育センターの建設やインフラの開発プロジェクトなどが益々増えるだろう」と述べた。 2013年以来、中国とユーラシア間の接続を促進する「一路一帯」構想は、中国の経済外交の目玉となっている。

 地元不動産会社ラッキー不動産の創設者であり、カンボジア不動産協会の副会長ソーン・セアップ氏は、「経済特区や軽工業地帯、深海港、ビーチリゾートや健全な不動産開発など、不動産業界においてプレアシアヌーク州は非常に強力な可能性を秘めている。人口は成長が予想され、個人住宅や倉庫など、より多くの需要があるだろう。投資家は多かれ少なかれキャピタルゲインの恩恵が得られる。プレアシアヌーク州が持つ最大の資産の一つ、海上輸送のハブとしての機能は、企業にとって魅力的であり、不動産業界を後押しする」と話した。

 最近、公共事業運輸省は19億ドルをかけて、プノンペンーシアヌークビル間に新しい高速道路の建設を発表、資金は中国の無利子融資からで、道路建設は来年開始予定だ。

 また6月18日には、シンガポールのHLHグループが、プノンペン、シアヌークビルと他の主要都市で中間所得層をターゲットに不動産開発会社の立ち上げとカンボジアの不動産市場への参入を発表し、進行中のシアヌークビルのプロジェクトは、80%が既に販売されているという。

 キー不動産によるシアヌーク州の土地の価格調査によると、海岸の土地は平方メートルあたり1000〜1200ドル。国道4号線沿いの工業用地は、1000 ~1500ドル。主要道路沿いの住宅用地は、500〜700ドルだった。

関連記事
経済
シェムリアップ 来年の総選挙では不動産取引の停滞が懸念される[経済]
(20日)
経済
ローカル向けの低価格帯コンドミニアムの販売により平均販売価格が低下[経済]
(17日)
経済
プノンペン、バンコク、ホーチミンの3都市を結ぶ 高級バスサービス構想[経済]
(15日)
観光
観光大臣 プチュンバン休暇中の価格引き上げに待ったか[観光]
(15日)
経済
シアヌークビル国際空港 改修工事後、年明けに再稼働[経済]
(14日)
経済
今年第2四半期のコンドミニアムの供給がわずかに上昇 カンボジア[経済]
(01日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース