カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年10月21日
  • カンボジアニュース

トゥクトゥク呼び出しアプリ「PassApp Taxi」がローンチ[経済]

news_20161021 (1)
(c)Cambodia Daily

 13日、プノンペン内のトゥクトゥクを呼び出すことができるアプリケーション、「PassApp Taxi」がローンチされた。App StoreとPlayストアから無料で入手可能だ。現在までに約200ダウンロードを記録している。

 同アプリの提供会社は、メータートゥクトゥクを擁するEZGoと、独立・民主インフォーマル経済協会(Independent Democracy of Informal Economy Association=IDEA)と提携し、現時点で60人のドライバーを登録している。

 開発者のポップ・ニモル氏によれば、同アプリを利用することでドライバーとの料金交渉の必要がなくなる。初乗り(1キロメートル)は一律3000リエルで、それ以降は1キロごとに1500リエルずつ加算される。

 また、乗車料金のうち10%がアプリ販売会社の利益となり、残りはドライバーの収入となる。現在可能な支払方法は現金のみだ。

 実際にアプリを利用した乗客は、「トゥクトゥクを呼び出せるのは非常に便利だが、サービスにはまだ改善すべき点も多い。GPS機能を使用するウーバー(Uber)のドライバーと違い、ドライバーが目的地に自力ではたどり着けない」と語った。

 EZGoではドライバーに対し、月給制か車両レンタル制を導入している。EZGoのドライバーは、「高齢ドライバーや利用客に、アプリの使い方を教える必要がある」と話した。

 今後数カ月のうちに、別のトゥクトゥク呼び出しアプリ「Go Tuk Tuk」もローンチされる予定だ。開発者によれば、このアプリではアリペイ(Alipay)やペイパル(Paypal)、デビットカードやクレジットカードでの支払いも可能になるという。


本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
観光
アンコールワットのチケット収入 72%増加へ[観光]
(08日)
観光
中国人観光客の増加に高級ホテルは繁盛するも欧米人の人気飲食店は苦戦[観光]
(07日)
経済
東南アジア再大手配車サービス・グラブ(Grab) カンボジアで始動[経済]
(12月20日)
経済
ASEANのスタートアップ企業がカンボジアに進出か[経済]
(12月13日)
観光
フン・セン首相 欧州観光貿易評議会よりアンバサダーとして任命[観光]
(12月11日)
観光
アンコールワットのチケット売上 前年に比べ72%増加[観光]
(12月06日)
あわせて読みたい
注目
サン&ムーンホテルでハロウィン仮装パーティーが開催!
注目
サン&ムーンのジムで健康に メンバーシップへのスペシャルパッケージ
注目
Early Birdの快適で気持ちいいマッサージのスペシャルプロモーション
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
注目
イベントの開催場所をお探しなら、サン&ムーンホテルのVIP Lounge
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース