カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年10月15日
  • カンボジアニュース

カンボジア・プレアシアヌーク州の不動産が数年で大きく成長[経済]

news_201608043
(c)Khmer Times

 プレアシアヌーク州の不動産セクターが、観光業の成長と開発計画の増加により過去数年で著しい変化を見せている。

 ラッキーリアルティのマネージングディレクターであるディット・チャンナ氏は、「シアヌークビルへの長期的投資は、デベロッパーにとって何の問題もないだろう。地価も手頃で観光産業と製造業も大きく成長している。これらの産業により需要を生み出すだろう」と語った。

 同社の調査によれば、主要道路沿いの工場用地の価格は平方メートルあたり1000~1500ドルで、住宅地の地価は500~700ドル、海岸沿いの所有権付きの土地の価格は1000~1200ドルだ。

 ディット氏は、「地価はすでに頭打ちで、しばらく変動がない。近隣諸国と比べても沿海部は安い」と話した。

 センチュリー21メコンCEOのチレク・ソクニム氏は、「沿海部における高級住宅地計画は、カンボジア不動産市場の新たなすきま産業と言える。デベロッパーはきちんと市場調査を行って、正しいターゲット選定をすべき」と話した。

関連記事
経済
カンボジアの建設投資は前年比78%増加の予測[経済]
(06日)
社会
来年、カンボジア・シアヌークビル市に監視カメラを600台設置[社会]
(05日)
経済
オクスリー・ジェムがザ・ピークの新しい請負業者を発表 カンボジア[経済]
(02日)
経済
シアヌークビル、新たに4つの工業団地設置へ[経済]
(11月19日)
政治
シアヌークビルの下水課題に1億7000万ドルを追加割当[政治]
(11月18日)
経済
深センの都市計画研究所、シアヌークビル開発のマスタープラン着手へ[経済]
(11月15日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース