カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年10月3日
  • カンボジアニュース

オリンピア・シティのコンドミニアム、2017年初めから入居開始[経済]

news_201610023
(c)Phnom Penh Post

 大手建設会社のOCIC(オーバーシーズ・カンボジア・インベストメント・コーポレーション)が進める不動産プロジェクト「オリンピア・シティ」のコンドミニアムが、2017年初めに入居者受け入れを公式に開始する。プノンペンポスト紙が報じた。

 オリンピア・シティのチーフエンジニアによれば、700軒で入居準備が完了しており、全ユニットの90%がすでに売却済み。区分所有者の7割はカンボジア人で残りが外国人だ。プロジェクト全体の竣工は2019年の予定。

 カンボジアの現在のコンドミニアム事情について、CBREカンボジアの副マネージャーは、供給が今後も増え続けていった場合、リノベーションなどで顧客を引き付けない限り、既存アパートメントが価格を上昇させるのは難しいと話す。

 カンボジア不動産協会のキム・へアン会長は、「今後3~5年でコンドミニアム居住者はもっと増えるだろう。交通渋滞によって郊外からの通勤が難しくなっているため、人々は自然とコンドミニアムに住むようになる」と主張した。

関連記事
経済
プノンペンの新国際空港は予定通りに建設着手 カンボジア[経済]
(06日)
経済
2019年上半期の不動産、堅調な成長 カンボジア[経済]
(10月29日)
経済
現地大手建設会社 国際会議展示場の建設に1600万ドルを投じる カンボジア[経済]
(04月02日)
経済
新空港開発に向けカンダール州・タケオ州の土地売買を一時的に停止[経済]
(03月04日)
経済
トゥール・コーク区の賃貸マンションの供給が3倍に増加 カンボジア[経済]
(11月03日)
経済
巨大コンドミニアムの約50%をカンボジア人が購入 [経済]
(09月25日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース