カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年10月2日
  • カンボジアニュース

2017年の最低賃金の労使交渉は珍しく友好的に決着[経済]

news_201610021-1
(c)Phnom Penh Post

 政府は9月29日、2017年の縫製工の最低賃金が140ドルから153ドルに上昇すると発表したが、珍しく友好的な3ヶ月の賃金交渉を経ての結果だった。プノンペンポスト紙が報じた。

 9月28日に終了した労働諮問委員会では、経営者側の要望額147ドル、組合側の要望額171ドル。政府勧告の148ドルの提案に、フン・セン首相が5ドル上乗せした153ドルで落ち着いた。

 イット・ソムヘーン労働大臣は、「この金額は100%の需要は満たしていないが、以前よりは良く、労働者が受け入れることを願っている」と述べたが、カンボジア労働総連合(CLC) のアト・ソーン会長は、「153ドルは我々の賃金要求からかなり下回っており、満足とは遠い」と話す。


(c)Phnom Penh Post

 親政府系の労働組合は、「170ドルは難しかっただろう。労働者は対前年10ドルでも上昇すれば良いと思っていたので喜んでいた」と、新しい賃金は組合員の期待に沿うものだったと述べた。

 カンボジア縫製業協会(GMAC)のワン・ソウ・イエン会長は、「9%の賃金増加は、高くはあるが許容範囲だ」と話し、「昨年のインフレ率と比較して大きな増加だが、より良い生活を望む労働者仲間達の需要を受け入れる必要がある」と付け加えた。

関連記事
労働
カンボジア労働省、2020年末までに社内診療所の設置を要請[労働]
(05日)
経済
EBA適用取りやめの脅威にもかかわらず、縫製工場が開設 カンボジア[経済]
(04日)
労働
カンボジア、公共雇用サービスをデジタル化に向けた取り組みを優先[労働]
(04日)
労働
外国人労働者に関する許可申請締切を12月末に延長 カンボジア[労働]
(11月25日)
政治
給与所得税の納税対象の最低月給額を325ドルに引き上げ カンボジア[政治]
(10月28日)
労働
ILO、法令遵守の監視体制の弱さ指摘 カンボジア[労働]
(10月22日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
正しい知識を持った専門家に意見を聞くことが大事[法務・税務・会計] 坂本征大
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース