カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年9月30日
  • カンボジアニュース

固定資産税支払期限、1ヶ月延長に―カンボジア租税総局[経済]

 プノンペンポスト紙によれば、カンボジア租税総局(GDT)が固定資産税の支払期限を従来より1ヶ月延長し、10月末とすることを発表した。

 GDTは、「今回の延長は財産所有者にとって法的措置が執行される前に税申告を行う猶予期間となるだろう」としている。

関連記事
経済
カンボジア中銀、開発業者が提供する住宅ローンの利用者に忠告[経済]
(07月31日)
経済
カンボジアの商業物件の空室率は過去10年間で最低[経済]
(07月19日)
法律
移転価格文書を提出した企業はほとんど無い カンボジア租税総局[法律]
(03月06日)
経済
新空港開発に向けカンダール州・タケオ州の土地売買を一時的に停止[経済]
(03月04日)
経済
メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]
(02月11日)
経済
コンドミニアムはハイエンドから手頃な価格の物件にトレンドは移行する[経済]
(01月19日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース