カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年9月26日
  • カンボジアニュース

プノンペン・ミーンチェイ区で新たな高級ボレイの建設が来月スタート[経済]

news_201609263
(c)Khmer Times

 新しい高級ボレイの建設計画が来月にも始まると、デベロッパーが明らかにした。クメールタイムズ紙が報じた。

 現地不動産会社のフリ不動産とナキグループによる7000万ドルのこの計画は、プノンペン・ミーンチェイ区の7ヘクタール相当の土地に建設予定だ。

 フリ不動産のマネージングディレクターによると、「高級住宅を希望する顧客のニーズに応える、ホテルスタイルかつ新しいコンセプトのヴィラで、レストランやジムなどのサービスを含むだけでなく敷地の45%は緑地になる」という。

 10月中旬に建設予定のヴィラは、第1フォーズとして19万ドルから40万ドルの価格で、99軒のうち50軒が既に販売されている。

 先月経済財政省より発表された報告書によれば、今年上半期のコンドミニアムの売上高は50%下落し、ボレイの売上は30%にまで下落した。

 一方で、「現在ボレイ購入を検討している人々は投機目的ではないため、不動産セクターとしては健康的な傾向だ」としている。

関連記事
経済
新空港開発に向けカンダール州・タケオ州の土地売買を一時的に停止[経済]
(03月04日)
経済
メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]
(02月11日)
経済
コンドミニアムはハイエンドから手頃な価格の物件にトレンドは移行する[経済]
(01月19日)
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(01月16日)
経済
プノンペンの賃貸可能戸数が3倍になると予想[経済]
(01月08日)
経済
シアヌークビルの建設プロジェクトでホテルの売却を中止 シンガポール系企業[経済]
(12月25日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース