カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年9月17日
  • カンボジアニュース

カンボジアの建設セクター、雇用機会牽引するも不法労働者多し[経済]

news_201609172
(c)Phnom Penh Post

 国土整備・都市化・建設省によると、カンボジアの不動産・建設セクターが20万人以上のカンボジア人を雇用するなど、雇用機会創出の牽引役となっている。プノンペンポスト紙が報じた。

 同省長官によれば、地方からの一時的移民が多く雇用されているという。収穫期でない時期には高報酬を求めて地方から首都へ出稼ぎ労働者が大量に流入し、収穫期になれば地方へ農業をしに戻る。同様に雇用創出の牽引役である縫製業では約80万人が雇用されているという。

 1万人以上を雇用するカナディア財閥系の現地建設会社、OCIC(Overseas Cambodia Investment Corporation)のプロジェクトマネージャー、トゥーチ・サムナン氏によれば、「建設労働者はほとんどが非熟練労働者で、1日あたり3.5~4ドルを稼ぐ。一方で熟練労働者や一般労働者は、1日あたり4~10ドルを稼ぐ」と語る。

 先月、カンボジア内務省移民総局より発表された報告書によれば、今年始まって以降、1万人以上の不法労働者(90%がベトナム人)が国外追放処分となっており、その多くが建設業に従事していた。

関連記事
経済
カンボジア・カンダール州に 2つの大規模衛星都市計画を発表[経済]
(21日)
経済
中間所得層向けのボレイ 売上が好調に推移 カンボジア[経済]
(20日)
経済
中国企業がチョロイチャンバー区の土地購入 カンボジア[経済]
(18日)
経済
オフィススペースの需要が高まるものの、着実な供給により賃料に動き見られず カンボジア[経済]
(18日)
経済
プノンペン経済特区 持続可能な住宅開発のためデザインコンペ[経済]
(14日)
労働
建設ブームの裏に非熟練労働者の低賃金[労働]
(12日)
あわせて読みたい
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース