カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年9月12日
  • カンボジアニュース

泰文隆ツイントレードセンター、今年中に建設開始[経済]

news_201609122
(c)Phnom Penh Post

 プロジェクト関係者によると泰文隆ツイントレードセンターの開発が今年末にも始まると、プノンペンポスト紙が報じた。完成すればプノンペン最大の商業施設となり、同時に東南アジア最大ともなる。

 建築家委員会(Board of Architects Cambodia=BAC)副委員長のトゥース・サプーン氏は先週、「不動産市場にいくつか問題はあるものの、この21億ドルの建設計画開始に影響するものではない」と語った。

 デベロッパーはこの当初予算額にさらに30億ドルを上乗せし、計画を確実に軌道に乗せようと考えている。建設完了予定時期は2019年となっている。

 建設地はドーンペン地区で、土地面積は約5ヘクタールだ。133階建てのツインタワーを42階建ての4棟が取り囲み、ショッピングモールやオフィススペース、高級ホテルなどを含んだ複合施設となる計画だ。

 CBREカンボジアの副ディレクターは本計画について、現在のカンボジア市場にとっては大きいが、将来的に考えれば大きすぎることはないと話す。

関連記事
経済
シンガポール系の不動産グループ カンボジア市場参入[経済]
(05月03日)
経済
ボンケンコン1地区で日本投資の新たなコンドミニアム着工[経済]
(05月01日)
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(11月14日)
経済
ローカル向けの低価格帯コンドミニアムの販売により平均販売価格が低下[経済]
(17日)
経済
今年第2四半期のコンドミニアムの供給がわずかに上昇 カンボジア[経済]
(01日)
経済
ワールドブリッジグループ 中国企業と公共インフラの共同開発へ[経済]
(08月04日)
あわせて読みたい
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
注目
CASA BY MERIDIAN GFにてKOH PICH支店開設記念  PPCBANK代表 アンドリュー・ シン氏との対談
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース