カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年9月9日
  • カンボジアニュース

ユニリーバ、カンボジアからパームシュガーを年2000トン輸入の方針[経済]

 世界最大級消費財メーカーのユニリーバが、カンボジア産有機パームシュガーを年間2000トン調達すると、クメールタイムズ紙が報じた。

 ユニリーバ・カンボジアの担当責任者によれば、同社は年間2000トンの有機パームシュガーをカンボジアから調達し、世界中の同社工場へ輸出する方針だ。

 同氏は、「まだパームシュガーの輸出はしていないが必要になる。経験があり信頼できる現地サプライヤーを探しており、将来的にはかなり多くの弊社製品にパームシュガーが使われるだろう」と述べた。

 なお同社は「ベン&ジェリーズ」や「リプトン」などの世界的に有名な飲食ブランドを所有している。

 コンポンスプー州パームシュガー推進協会の会長は、ユニリーバの動きを歓迎しているが、同協会のメンバー200社が400トンを生産する一方で、ユニリーバの要求量に応えるには足りないという。

関連記事
経済
食糧生産プログラムは順調に成功へ向かっている カンボジア農水大臣[経済]
(13日)
経済
約5000トンの無農薬野菜を生産するプログラムが開始 カンボジア[経済]
(08日)
経済
アジア開発銀行 カンボジアの農業近代化のため9000万ドルの融資[経済]
(08日)
経済
カンボジアの低い衛生基準 中国との貿易の障壁に[経済]
(06月22日)
経済
大メコン圏諸国 食品の安全性を高める計画 カンボジア[経済]
(06月05日)
社会
バッタンバンオレンジ 病気による絶滅状態から復活へ[社会]
(06月02日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース