カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年8月31日
  • カンボジアニュース

プノンペン経済特区、サービス分野強化の方針に[経済]

news_201608311
(c)Khmer Times

 カンボジア証券取引所(CSX)の上場企業であるプノンペン経済特区(PPSEZ)は先週金曜日、2020年までに総収益の50%をサービス分野から生み出すという新たな目標について明言した。クメールタイムズ紙が報じた。

 PPSEZはCSXに対し、今年上半期の純利益が30万8000ドルと、前年同期の330万ドルから大幅に減少したと報告したばかりだ。同社の収益は土地売却益に大きく依存しており、2015年度総収益に占める割合は84.4%だった。

 同社CEOの上松裕士氏は記者会見で、現在サービス分野の売上は会社の戦略の大部分を構築しており、土地売却依存からの脱出に繋がるだろうと語った。

 PPSEZはタイ国境近くのポイペトに53ヘクタールの経済特区を開発するため、新規公開株として820万ドルを調達している。

 改定後の計画では、PPSEZは特区内での工場賃貸や工場建設サービスを強化する予定だ。また上松氏によれば、工場オーナーに対し、24時間のセキュリティサービスや駐在員用高級ホテル、スポーツ施設、手頃な価格の住宅とその管理サービスも提供するという。

 同氏は今年上半期の大幅な減収に関し、「販売・マーケティングのパフォーマンスが良くなかった」ことを原因とした。また、後期に新しく8社を迎えることで、総収益を450万ドルにまで増加させる見込みだという。

関連記事
経済
プノンペン自治港 上半期の売上・利益ともに上昇[経済]
(20日)
経済
プノンペン経済特区 今年上半期の収益が半減[経済]
(18日)
経済
プノンペン水道公社 売上増も純利益は急減[経済]
(17日)
経済
大手教育機関AISの親会社 カンボジア証券取引所に上場を検討[経済]
(15日)
経済
シアヌークビル自治港(SAP)の株価が低迷[経済]
(07月16日)
経済
プノンペン経済特区 2社の株式を取得[経済]
(07月11日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース