カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年8月26日
  • カンボジアニュース

アクレダ銀行、OPICから1.25億ドルの借り入れを受ける[経済]

news_201608263
(c)Phnom Penh Post

 24日、海外民間投資会社であるOPIC(Overseas Private Investment Corporation)がアクレダ銀行に対し直接1.25億ドルの貸付を行うという内容のコミットメントレターにサインしたことを発表した。貸付目的はすべての事業をサポートするためとしている。

 OPICは1971年に米政府により設立され、現在は半官半民会社として運営されている。またOPICは産業・投資地域の育成を目的としており、現在160以上の国々で利用されている。

 アクレダ銀行はカンボジア全土に258支店を持ち、ラオスには41支店、ミャンマーには6支店を持つ。


本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
アクレダ銀行の株式の25%を来月公開 カンボジア[経済]
(10月31日)
経済
アクレダ銀行が新しいQRコードサービスを開始 カンボジア[経済]
(09月17日)
経済
カンボジア最大の銀行がデジタルインフラに投資 カンボジア[経済]
(09月05日)
経済
サタパナ銀行とパイペイが提携 顧客にモバイル送金機能を提供 カンボジア[経済]
(09月03日)
経済
革新的な農業プロジェクトが正式に開始 カンボジア[経済]
(09月01日)
経済
AMKマイクロファイナンスが中国の銀行に80%の株式を売却  カンボジア[経済]
(08月31日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
アプリケーションの開発に試行錯誤を繰り返した[金融・保険]シン・チャン・モー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース