カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年8月23日
  • カンボジアニュース

プノンペン郊外の地価が上昇中、成長は数年続くとの予想[経済]

news_20160823
(c)Phnom Penh Post

 現地不動産会社Vトラストの最新の報告書によれば、プノンペンの北西に位置するセンソック区とトゥールコーク区の住居や商業的発展が目覚ましいという。

 郊外であるセンソック地区は特に複合住居とインフラ面で、過去3年で急速に成長している。地価は毎年平均で27%上昇しており、今年上半期で平方メートルあたり690ドルとなった。

 同報告書は、「この成長ペースは、デベロッパーが市場に希望があると考える限り、数年は続くだろう」と書いている。

 また、トゥールコーク地区の北端エリアは過去10年以上にわたって、プノンペン中心部にほど近いことと空閑地が多いことで主な住宅移転先となっており、今年の上半期には平方メートルあたり2530ドルまで地価が上昇した。

 一方で、トゥールコーク区の多くで開発や建設機会が進んでいるため、ほとんど地価は頭打ち状態になっているという。

 報告書によれば、プノンペン中心部から郊外への住居移転ブームは中心部の交通状況悪化によるもので、地価の急速な上昇とニュータウン建設の要因となっている。

関連記事
経済
カンボジア・シアヌークビル市の家賃が急落し、地価が低迷[経済] 
(06日)
経済
手頃な価格の住宅の開発が焦点になると予測 カンボジア[経済]
(01月13日)
労働
フン・セン首相、家賃を値上げしないよう家主に呼びかける[労働]
(12月27日)
経済
政府促すも低所得向け住宅開発、増加せず カンボジア[経済]
(12月26日)
経済
オクスリー・ジェムがザ・ピークの新しい請負業者を発表 カンボジア[経済]
(12月02日)
経済
2019年上半期の不動産、堅調な成長 カンボジア[経済]
(10月29日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
業界
今後2年くらいでシアヌークビルのマーケットのトップが見えてくる[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース