カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年8月15日
  • カンボジアニュース

カンボジア・タイの国境検問所封鎖の影響で、キャッサバ輸出価格が急落[経済]

news_201608143
(c)Khmer Times

 カンボジアのタイ向けキャッサバ輸出額が、タイの非公式国境検問所の定期封鎖の影響を受けている。

 バンテイメンチェイ州の農業局担当責任者によれば、2014年に現在の軍事政権が成立してからタイでは非公式国境検問所の閉鎖によってカンボジアのキャッサバ輸出をコントロールし価格を下げようとしている。

 その影響により今年始まってから8か月間で、バッタンバン州で耕作中のキャッサバが前年同期比2万250ヘクタール減少の12万1696ヘクタールになるなど、近年は生産量が減少している。同氏によればその一方で、トウモロコシや大豆が代替作物として多く見られるようになっている。

 プノンペンポスト紙がバンテイメンチェイ州の農家に尋ねたところによると、国境封鎖の影響により一括で販売することが難しく、現地のキャッサバ価格低下に大きく影響しているという。また、タイ側のブローカーが価格が低下するまで粘ることもしばしばある。

 結果として、以前からの価格だった1トンあたり40万200リエルが過去2年間で急落し、20万リエルまで下落している。

関連記事
経済
バッタンバン州 トウモロコシ価格上昇 カンボジア[経済]
(15日)
観光
観光客が約12%増加 カンボジア[観光]
(15日)
社会
内務省 身分証明証 更新促す カンボジア[社会]
(13日)
社会
保健省への登録を訴える カンボジア[社会]
(12日)
経済
5年に渡る長期カシューナッツ開発プロジェクト カンボジア[経済]
(11日)
経済
フランス プノンペン近代都市化に支援 カンボジア[経済]
(10日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース