カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年7月31日
  • カンボジアニュース

電動工具のボッシュ、カンボジアで事業開始から5年連続2ケタ増の売上[経済]

news_20160731
(c)Phnom Penh Post

 電動工具や自動車部品のサプライヤー、ボッシュ・カンボジア(Bosch Cambodia)は、国内の建設や自動車部門の成長に牽引され、2015年の売上高が22%増加した。

 ドイツの大手メーカーであるボッシュは、2010年にカンボジアでの事業を開始し、それから5年間、2ケタの売上成長を見せている。

 同社のマネージングディレクターは、「カンボジアは東南アジアにおける重要な市場である」と述べ、「同国の自動車や建設部門が活況を呈しており、力強い成長をすると信じている」と話した。

 政府の数字は自動車や建設部門の安定した成長を示しており、公共事業運輸省によると、カンボジアにおける登録車両数は、2015年には14%増加し320万以上に、一方、国土整備・都市化・建設省は、今年最初の5ヶ月間で、前年比400%増の6.5億ドル相当、990の建設プロジェクトが動いていることを示した。

関連記事
経済
プノンペン―ポイペト間の鉄道工事 2018年末までに完成へ[経済]
(20日)
経済
建設プロジェクト増加も カンボジア人への恩恵は少ない[経済]
(19日)
経済
プノンペン自治港 昨年の収益・利益ともに大幅増に[経済]
(18日)
社会
プノンペン自治港 4月にフェリーサービスを開始[社会]
(05日)
経済
急速な都市化・人口増加 2030年までに約80万の住宅が必要 カンボジア[経済]
(12月31日)
経済
1月からプノンペン―シアヌークビル間の高速道路建設[経済]
(12月29日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
業界
カンボジアの建設業界、今度はサプライヤー競争の時代[建設・内装]ミース・プロックサー (1/2)
業界
コンドミニアムの建設で最も心身を疲弊させたのは建設以外のことだった[建設・内装]谷俊二 (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース