カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年7月30日
  • カンボジアニュース

カンボジア租税総局は8月から、プノンペンでの全事業の立入検査を行う予定[経済]

 税務登録の情報収集のため、租税総局(GDT)は8月から、プノンペンでの全事業の立入検査を行う予定だと経済財政省が発表した。

 GDTとプノンペン都の職員は、GDTに登録していない企業も含めて、税金の領収書や事業免許等を調べるという。

 投資環境の促進や税制上の優遇措置への準備、またより効率的な税務登録サービスの提供に役立つことを期待すると、同省は述べた。

関連記事
経済
カンボジア 2018年度国家予算15%増で承認[経済]
(20日)
経済
MFIへの海外からの融資資金の利子 源泉徴収税を軽減[経済]
(16日)
経済
ケップ州産の塩 地理的表示(GI)取得の可能性[経済]
(15日)
経済
カンボジア政府の国家債務総額 76億ドル[経済]
(02日)
政治
カンボジア商業大臣 フランコフォニー国際組織機構に貿易協力を要請[政治]
(10月19日)
経済
EIFプログラム カンボジアの経済成長に大きく寄与[経済]
(10月16日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
業界
税制に関する知識を備え、想定することが大切 [法務・税務・会計] 菊島陽子
業界
カンボジアは現在、制度化やその徹底に向けての努力が加速しているという状況です [法務・税務・会計] 村上暢昭
業界
有用性のある事前調査、プランニングが大切 [法務・税務・会計] 宮田智広
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース