カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年7月28日
  • カンボジアニュース

ナイキのアウトレットストア、モニボン通りでオープン[経済]

news_20160728
(c)Phnom Penh Post

 スポーツ関連商品を扱う世界的企業ナイキが、アウトレットストアを初めてカンボジアでオープンした。

 プノンペンポスト紙によれば、カンボジア経済の強さと国民の収入の増加が、世界的企業にも知れ渡っている証だという。

 米国臨時代理大使であるジュリー・チャン氏によれば、ナイキアウトレットストアの進出はカンボジア経済を下支えし、アメリカの有名ブランドによる投資をカンボジアへ引き込むことが期待されている。

 アメリカ商工会議所理事のロナルド・マーヴィン氏によれば、今回の進出はアメリカ企業がカンボジア市場での成功に自身がある証拠だという。

 一方で、ボンケンコン1地区やイオンモールなどの高所得者の多い地区ではなく、モニボン通りで旗艦店をオープンしたことについて、ナイキがカンボジア市場を検証している段階にあると一部の見識者は語る。

 ある不動産コンサルタントによれば、ナイキはカンボジア市場でまず存在感を高めようとしているという。同氏は、「ナイキが効果的なマーケティング戦略を打ち出すことができれば、競合らによりプレッシャーをかけられるに違いない」と話している。

関連記事
経済
インド企業 カンボジアへの医療品輸出を強化[経済]
(18日)
経済
カンボジア 新車に比べ、依然として輸入中古車が人気[経済]
(17日)
経済
米系大手デニムブランドの大型路面店 シェムリアップにオープン[経済]
(10日)
経済
シェムリアップ 来年の総選挙では不動産取引の停滞が懸念される[経済]
(09月20日)
経済
カンボジア 米国に靴製品の免税を求める[経済]
(09月13日)
経済
カンボジアの小売市場は大きな飛躍を遂げる 今後は供給過多を懸念[経済]
(08月14日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース