カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年7月12日
  • カンボジアニュース

カンボジアの国内情勢、不動産投資に影響か[経済]

news_201607122_mini
(c)Cambodia Daily

 カンボジアの政情が不安定になりつつあることが、国内のコンドミニアムへの海外投資を遠ざけている。

 不動産会社センチュリー21メコンのチレク・ソクニムCEOは、「特に1月から3月は、ほとんど毎日新たな建設計画がローンチされるほどに住宅供給が急激に伸びた。しかし需要については、特に市場の70%を占める外国人バイヤーの間では低調だ。国内情勢が投資家に緊張を与えているほか、中国経済の停滞も要因の一つだ」と話す。

 最近では反体制側の逮捕や、その開放を求める抗議運動が相次いでおり、フン・セン首相による司法への介入に対して国際的な非難が表出し始めている。

 同氏は、「近隣諸国と比べれば価格下落の可能性は低いが、市場は外貨依存からの自立を求めるだろう」と述べた。

 センチュリー21メコンの報告書によれば、今年上半期のコンドミニアム需要は3000ユニットで、前年同時期と比べてわずかに減少している。今年は新たに1万3730ユニットが市場に加わる見込みだ。

logoCDfinal@2x
本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
社会
下水道プロジェクトが進行中 カンボジア[社会]
(10日)
経済
カンボジアで展開の欧州企業 EBA協定廃止に懸念表明[経済]
(07日)
経済
新しい物流センターの建設計画 カンボジア[経済]
(06日)
経済
韓国企業 カンボジアの農業分野に関心[経済]
(05日)
経済
米国による食品プロモーション活動 カンボジア[経済]
(04日)
経済
アジア開発銀行 カンボジアに3000万ドル融資か[経済]
(03日)
あわせて読みたい
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
注目
CASA BY MERIDIAN GFにてKOH PICH支店開設記念  PPCBANK代表 アンドリュー・ シン氏との対談
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース