カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年7月10日
  • カンボジアニュース

プノンペンの「パークソン・モール」、今年11月中旬以降に完成予定[経済]

news_201607102_mini
(c)Phnom Penh Post

 マレーシア系百貨店「パークソン・モール」が、今年11月中旬から遅くとも来年初めまでに建設が完了すると、プノンペン・ポスト紙が報じた。

 ロシア通り沿いに位置し、ハチの巣をイメージしてデザインされた11階建ての建物となる予定で、現在は全体の70~75%が完成している。

 管理代理会社の担当者によれば、3000万ドル以上になる今回の建設計画は2008年に始まったが、デベロッパーが計画を延期させたため、昨年初めまで計画が進展していなかった。

 350ヶ所ある小売スペースのうち80%以上がすでに埋まっており、そのうちのほとんどがブティックや各種小売店、飲食店などだ。地下と6~8階に駐車場が用意され、9階には映画館施設も含まれている。担当者によれば現在、プノンペンでの基盤を確保するため、世界的な有名ブランドとの交渉に入っているという。

 プノンペンポスト紙によれば、詳細は不明だがパークソン開発計画の第2段階としてホテル計画もある。

 パークソンはマレーシア系コングロマリット「ライオングループ」のアジア太平洋地域最大の百貨店で、中国で58店舗、マレーシアで45店舗、インドネシアで16店舗、ベトナムで9店舗、ミャンマーで1店舗と、計129店舗を国際展開している

 ライオングループのウェブサイトによれば、ショッピングモールやホテル、住宅地などを含む「ライオンシティ・ゲートウェイ」という新たな開発計画がプノンペンで予定されている。

関連記事
経済
シェムリアップ 来年の総選挙では不動産取引の停滞が懸念される[経済]
(20日)
経済
プノンペンの3番目のコンテナマーケット 11月にオープン予定[経済]
(15日)
経済
カンボジアの小売市場は大きな飛躍を遂げる 今後は供給過多を懸念[経済]
(08月14日)
経済
プノンペンは道路からスモールビジネスを一掃する見通し[経済]
(08月11日)
経済
電子決済サービスパイペイ カンボジアでキャッシュレスサービスの可能性を示す[経済]
(08月09日)
経済
韓国最大の小売業者イーマート 2019年に初店舗をオープン予定[経済]
(08月01日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
業界
国際企業・中小企業向けのビジネスハブを開発 [不動産] モーガン・リー
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース