カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年7月9日
  • カンボジアニュース

カンボジアのコンドミニアム、直近実績で売上は上昇するも近い将来は減速と予想[経済]

news_201607092_mini
(c)Khmer Times

 不動産会社の統計によると、プノンペンの今年上半期におけるコンドミニアム販売数において、前年同期の1万3050戸に比べ、1万3730戸と5%の上昇を見せたが、内部関係者は「今後は過剰供給による減速に直面するだろう」と話す。クメールタイムズ紙が報じた。

 センチュリー21カンボジアのクィ・バットCEOは、「供給過剰について明確な情報はないが、ただ今後3年間、投資家を誘致するのは非常に困難だと言える」と述べる。

 センチュリー21カンボジアの報告によると、今年上半期プノンペンで、148棟、約36000戸、110個のマンション計画が完了し、供給過剰が見られるものの、売上高は毎年27%の割合で増加しているという。

 Vトラストプロパティの役員は、「若い富裕層の多くが、家族から離れてマンションで暮らす選択をしており、プノンペンのマンションリサーチは非常に有用だ」と話す。

 専門家には肯定的な意見が見られるが、経済財務省の最近の統計によると、新しい建設において、今年から見られる減速は今後5年間続くといい、建設成長率は、昨年の19%に比べて、今年は15%、来年12.4%、2018年10.3%、2019年には10%まで低下すると予測している。

 政府の統計によると、建設部門への投資は、前年同期の3970万ドルに比べて、先月は8億3220万ドルと驚異的な数字だった。

関連記事
経済
建設プロジェクト 今年前半期で総額49億ドルと好調[経済]
(07月17日)
経済
今年はコンドミニアム供給の重要な波を迎える[経済]
(06月20日)
法律
カンボジアのボレイの開発と登録について[法律]
(06月20日)
経済
クメールの伝統的なデザインによる建築を望む カンボジア建設省[経済]
(06月06日)
経済
コンドミニアムのタイムシェア カンボジア・シアヌークビルで大規模プロジェクト[経済]
(03月20日)
経済
買い手からの支払いを待って建設し続けるようなデベロッパーは成功しない-大手開発会社CEO[経済]
(02月21日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
これまでに培った外国人向けの経験やノウハウが特徴。さらに手数料も頂きません [不動産] グラン・フィッツジェラルド
業界
総選挙後には、政治的・経済的安定が正常化し、不動産市場が再び盛り上がる [建設・内装] ミース・プロックサー
業界
競争により売れ行きは穏やかになっているが、危機ではない[不動産]チレク・ソクニム (1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース