カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年7月7日
  • カンボジアニュース

マスターカードの発行数、1年間で22%増加し認知度が着実に向上[経済]

news_201607073_mini
(c)Phnom Penh Post

 これまでカンボジアにおける認知度が低かったマスターカードだが、そのデビットカードとクレジットカードの総数は2016年3月までの1年間で22%増加しており、6月に発表されたアクレダ銀行とのパートナーシップによって、更に後押しされている。

 世界的金融サービス会社、マスターカード・ワールドワイドのマスターカードは、現在カンボジア国内で外資系銀行6行を含む、13の銀行と提携しており、マスターカードインドシナのマーケティングダイレクターは、「160万人以上の預金者および42億ドルの預金額を持つアクレダ銀行との連携は、キャッシュレス社会に向かう道標になり、このパートナシップによって電子決済の採用と成長を促進し、最終的に大きい金額を動かしたい」と話す。

 中央銀行によると2015年、デビットカード140万枚とクレジットカード4万枚が国内で発行され、アクレダ銀行はその内、デビットカードの60%、クレジットカード25%を発行した。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース