カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年7月5日
  • カンボジアニュース

租税総局、マネーロンダリングやテロ活動資金の情報交換のため、カンボジア中央銀行と覚書を締結[経済]

 租税総局(GDT)は、マネーロンダリングやテロ活動資金に関する情報交換のため、カンボジア中央銀行(NBC)の金融インテリジェンスユニット(Financial Intelligence Unit of the National Bank of Cambodia=FIUNBC)と覚書を締結した。クメールタイムズ紙が報じた。

 カンボジアは、FIUNBCを設置した後、2004年にマネーロンダリングに関するアジア・パシフィック・グループ(APG)のメンバーとなったものの、2015年の反資金洗浄指数では152カ国のうち、マネーロンダリングの影響を受けやすい国6位であった。

 バーゼルガバナンス機関(Basel Institute on Governance)は、世界銀行や米国務省等の情報から、汚職や政治的リスク、マネーロンダリングを測定している。また、APGは1997年に設立され、マネーロンダリングやテロ資金対処のため加盟国政府と連携する独立機関だ。

 FIUNBCは、マネーロンダリングやテロ資金対策のため、カンボジアの全銀行を監視し、銀行がルールに違反している場合は、ライセンス剥奪や重い罰金を科すなど、また幹部の投獄等もあり得るという。

関連記事
経済
VATの税収 1~9月期の税収増加に貢献 カンボジア[経済]
(10月13日)
社会
カンボジア政府 メディアに続きNGO組織に対しても納税を要求[社会]
(08月16日)
経済
カンボジア―タイ 二重課税協定にスピードアップ[経済]
(07月23日)
経済
カンボジア縫製業界 次回の官民会議で税務問題を提起[経済]
(07月10日)
経済
金融機関への付加価値税の適用 遅らせる方針 租税総局[経済]
(07月10日)
経済
国際貿易における税金・関税のため 単一窓口サービスを開始[経済]
(06月21日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース