カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年6月21日
  • カンボジアニュース

カンボジア建設省「ホワイト・ビルディング」の再建を日本に依頼[日系]

news_20160621_mini
(c)Phnom Penh Post

 国土整備・都市化・建設省大臣のチア・ソパーラー氏はフェイスブック上で先週金曜日、カンボジアの低中所得層の環境改善援助を日本に要請したことを明かした。その一環としてプノンペンの「ホワイト・ビルディング」再建も含まれている。

 「ホワイト・ビルディング」は1963年に低所得層向けに建設された集合住宅で、何百もの貧困世帯と小規模商店が入居しており、現在ではストリートアートの展示場としても使用されている。

 カンボジアデイリー紙によれば、チア氏はフェイスブック上で日本側の対応については明かしておらず、カンボジア建設省も詳しい計画についてはコメントを拒否している。

 ホワイト・ビルディングに1990年から住む40代男性は、「政府がここを開発してくれるのは嬉しい。みんなここを離れたくはないが、この場所を良くしたいと思っている」と話す。
logoCDfinal@2x
本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
建設プロジェクト増加も カンボジア人への恩恵は少ない[経済]
(19日)
経済
急速な都市化・人口増加 2030年までに約80万の住宅が必要 カンボジア[経済]
(12月31日)
経済
チア・ソパーラ―建設大臣 建設業の法律や規制に従うよう要求[法律]
(12月12日)
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(11月14日)
経済
韓国・富栄(ブヨン )プロジェクト 最終的に建設開始[経済]
(09月25日)
経済
カンボジア建設省、未登録の外国人建築家や技術者 国外追放も視野に[経済]
(09月03日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
業界
カンボジアの建設業界、今度はサプライヤー競争の時代[建設・内装]ミース・プロックサー (1/2)
業界
コンドミニアムの建設で最も心身を疲弊させたのは建設以外のことだった[建設・内装]谷俊二 (2/2)
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース