カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年6月14日
  • カンボジアニュース

ロイヤルグループ子会社、ポスコの建設資材を独占販売[経済]

news_20160614_mini
(c)Phnom Penh Post

 カンボジアの最大手財閥ロイヤルグループの子会社、ヨン・シェン・グローバルトレーディング(Yong Sheng Global Trading=YSGT)は、6月7日、ポスコSSヴィーニャ(本社・ベトナム)の建設資材を独占販売権を取得するため、パートナーシップ契約を締結した。ポスコSSヴィーナは、韓国の鉄鋼大手ポスコグループの鉄鋼会社だ。

 これにより、ベトナムから輸入するポスコSSヴィーナの鉄鋼製品の全てに対して完全な権利を所有することとなる。なお、YSGT社が建設サプライヤーは今回が初めてではなく、タイのセメントメーカー業界3位のTPIポーリン(TPI Polene)とも提携している。

 大手建設資材会社の役員は、「鉄鋼は主にタイ、ベトナム、中国から輸入しており、鉄鋼需要は国の開発に伴い上昇を続け、サプライヤーも殺到している」と語る。

 しかし、商業省のデータによると、建設ブームにもかかわらず、鉄鋼の輸入はここ2年間で減少している。2014年に2億8100万ドル相当、約41万トンの輸入量だったのが、2015年には1億6700万ドル相当の約26万トンだった。

関連記事
経済
パンデミックによる不動産業界への影響 低価格帯物件は堅調 カンボジア[経済]
(04月02日)
経済
2つの石炭火力発電所開発プロジェクトが承認された カンボジア[経済]
(02月08日)
経済
手頃な価格の住宅の開発が焦点になると予測 カンボジア[経済]
(01月13日)
経済
カンボジアの建設投資が好調 前年同期比3割超[経済]
(10月18日)
労働
カンボジアの建設労働者数、30%減少[労働]
(10月17日)
経済
プノンペン都、中国人投資家に低価格住宅への投資を要請[経済]
(09月05日)
あわせて読みたい
特集
トップインタビュー イエローツリー・インテリア バーニー・ダーキン(1/3)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
プノンペンの不動産は依然として健全[建設・内装] ミース・プロックサー
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース