カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年6月11日
  • カンボジアニュース

カンボジア、イオンモール2号店は、韓国系デベロッパーにより建設[日系]

news_201606112_mini
(c)Phnom Penh Post

 イオンモール2号店は、韓国系デベロッパーにより建設されると韓国メディアが報じた。

 イオンモールは6月3日、1億2000万ドルで現代エンジニアリングと建設契約を締結し、2018年5月完成予定だと発表した。

 今回の契約により、現代エンジニアリングは、プノンペンのセンソック区のポンピーシティプロジェクト地区内に約15万平方メートル、大型デパート、映画館、ボーリング場、ハイエンドショップ等を備えた4階建てのショッピングモールを建築する。

 カンボジア旅行代理店協会アン・キム・エアン会長は、「ミドル及びアッパーミドル層の増加が消費者需要を押し上げ、観光や小売業界に多大な後押しとなる」と述べ、「シェムリアップや、コンポンチャム、シアヌークビルでの建設も考える必要がある」と付け加えた。

 観光省の統計によると、昨年、カンボジアへの外国人旅行客数は、2014年より5%増の480万人であり、イオンモール1号店は、6万8000平方メートル、2億500万ドルの設備投資を投じた。

関連記事
経済
カンボジアのマイクロファイナンス機関 全事業を韓国系銀行に売却[経済]
(08月26日)
経済
韓国企業 カンボジア地元企業との取引促進イベント開催[経済]
(07月17日)
経済
カンボジア国立銀行と韓国銀行が共同研究[経済]
(07月10日)
経済
イオンモール カンボジアで2号店目 待望のグランドオープン[経済]
(06月21日)
経済
カンボジア・プノンペン 商業施設の建設ブーム到来[経済]
(06月10日)
観光
カンボジア・コンポントム州の観光市場 韓国人投資家から注目を浴びる[観光]
(05月31日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
激化する和食店サバイバルinプノンペン食材流通が語る「生き残るための秘訣』2/2
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース