カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年6月7日
  • カンボジアニュース

世界経済フォーラムのグロウ・アジア・プロジェクト、換金性の高い農作物6品種の生産に注力[経済]

news_201606072_mini
(c)Phnom Penh Post

 スイスに本部を置く国際的な非営利団体である世界経済フォーラムは、昨年末に起ち上げられたプロジェクト「グロウ・アジア」のカンボジアでのキックオフイベントを13日にプノンペンで開催する予定だとプノンペンポスト紙が報じている。グロウ・アジアはASEAN加盟国内での包括的な農業の成長促進を目的としている。

 グロウ・アジアのカントリー・パートナーシップ・ダイレクターのジェニー・コステロ氏は、世界的に需要が高く、換金性の高いコメ、キャッサバ、ココナッツ、パームシュガー、胡椒、野菜の6品種を集中的に取り扱うことを発表した。「グロウ・アジアは民間企業に長期戦略構築の支援と、融資や助成金ではなく自助による生産量拡大を目指している」(コステロ氏)。

 グロウ・アジアはASEANで農業を行う1000万人を対象に、2020年に20%収益増加を目標として活動し、既にインドネシア、フィリピン、ベトナム、ミャンマーで会員100人と65社が参加している。ASEANの世界経済フォーラムでフン・セン首相は農家の成長をもたらすグロウ・アジアを歓迎した。

 農業省の国際協力部門の責任者は、「グロウ・アジアは農業の経験に基づき市場に必要とされる作物に絞っている。世界的な大規模ネットワークを持つことができれば国内市場と輸出の両方を促進することができる」と語った。

 カンボジア農業は現在、雨量不足に伴い深刻な干ばつ被害を受けており、課題解決には灌がい設備の改良などのアプローチも必要となる。

関連記事
経済
カンボジアのコメの価格がわずかに回復 農村開発銀行[経済]
(21日)
経済
食糧生産プログラムは順調に成功へ向かっている カンボジア農水大臣[経済]
(13日)
経済
約5000トンの無農薬野菜を生産するプログラムが開始 カンボジア[経済]
(08日)
経済
アジア開発銀行 カンボジアの農業近代化のため9000万ドルの融資[経済]
(08日)
経済
大メコン圏諸国 食品の安全性を高める計画 カンボジア[経済]
(06月05日)
社会
バッタンバンオレンジ 病気による絶滅状態から復活へ[社会]
(06月02日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース